生化学検査

生化学検査とは

生化学検査とは、血液検査の中でも特に、血液中の成分を分析する検査方法です。病気の診断や、病気の経過などを見るのに使われます。
生化学検査で分析できる成分はたくさんあり、ほかの検査方法と組み合わせて検査し、複合的に診断結果を見て診断をつけます。
また、調べる臓器などによって異常が現れる成分も異なることから、異常が疑われる臓器によって検査項目が異なります。

以下に、生化学検査で見る主な値を臓器ごとにご紹介します。

<肝臓、胆のう、脾臓機能を見たい場合> 総たんぱく質:アルブミンや免疫グロブリンを含んだ血中のたんぱく質総量です 血清アルブミン:血液の浸透圧を調整したり、体外の物質を運ぶ役割を担っているたんぱく質です。 乳酸脱水素酵素(LDH):ピルビン酸の酸化・還元の際の触媒となる酵素です。 AST(GOT):肝臓の細胞に多く含まれている酵素です。 ALT(GPT):GOTと同様、肝細胞に多く含まれる酵素です。また、心筋や骨格筋の細胞にも多く含まれます。 総ピリルビン:ピリルビンは赤血球のヘモグロビンなどに含まれている生成分解産物です。さまざまな疾患で数値が大きく変動するので、重要な診断項目のひとつとされています。 <腎機能を見たい場合>
尿素窒素:体で使われた物質の老廃物のひとつである尿素窒素は腎臓から排泄されます。そのため、主に腎機能の調査をする際に使う検査項目となっています。
クレアニチン:体内で利用された物質の老廃物のひとつ。こちらも腎臓を介して排泄されることから、腎機能の調査の際に使われる。

<脂質の代謝を見たい場合>
総コレステロール:血中に含まれるコレステロールと中性脂肪、リン脂質などの総数を示しています。動脈硬化などの疾患の原因とも言われています。
中性脂肪:血液中に含まれる脂肪の一種です。暴飲暴食や運動不足などの生活習慣が原因となるケースが多く、こちらも動脈硬化などの原因のひとつとなりえます。

これはほんの一部の検査項目です。
医師の方々は、こういった検査項目の数値や患者さんの様子などを見ながら新設するのですね。