病理検査

病理検査とは

病理検査とは検体検査の一種で、臓器や組織、遺伝子などを観察する検査です。
つまり、手術や内視鏡などで人体の組織などを採取し、肉眼や顕微鏡などで観察して詳しい診断を行うことです。

この病理検査を行う目的として、以下のようなことが挙げられます。

・どのような病気かを診断するため
・病変が腫瘍なのか、炎症なのか、などを診断するため
・治療の効果を測定するため
・病変部が手術ですべて取れているかなどを確認するため

たとえば、レントゲンで腫瘍の影が見つかったけれど良性か悪性(ガン)か分からない、といった場合に、腫瘍を摘出してこの病理検査で良性か悪性かなどを見極める、といった目的で行われる検査です。
そのため、特にガン検診やガン診断には必須とも言える検査となっています。

検査の標本となる組織をどうやって取得するかというと、メスで切り取る、針をさして取得する、鉗子というはさみのような医療器具で取得するといった方法があります。
たとえば前立腺がんや乳がんの検査の場合、針で取得するようです。もちろん麻酔をしてから検査を行うので、ちゃんと麻酔が効けば痛みはあまりないようですが、人によっては痛みを感じたり、内出血したりといったこともあります。
また、特に針で取得する場合、基本的には局部麻酔なので、意識ははっきりした状態で行われることになります。
また、検査後しばらくは傷が痛む場合もあるようです。

血液検査のようにちょっと血を採って後は結果を待ってね、という検査よりは大掛かりで大変になる場合がある病理検査。もし診察にかかったときに「病理検査が必要」とか「腫瘍を取って実際に見てみる」などといわれた場合、基本的には医師がどのような検査か、痛みはどのくらいか、検査結果はどのくらいで出るのかといったことを説明してくれると思います。
もしこのような説明がなさそうな場合は、自分から尋ねて不安を払拭したいところですね。